金森赤レンガ倉庫

金森赤レンガ倉庫の歴史

函館を担った 渡邊 熊四郎

函館を担った 渡邊 熊四郎 KUMASHIRO WATANABE

金森赤レンガ倉庫の歴史は、初代渡邊熊四郎が最初の事業、金森洋物店を開業したところから始まります。
明治2(1869)年、榎本武揚ら旧幕府軍が降伏し、開拓使出張所が函館に置かれた年、まさに新しい時代の幕開けでした・・・。

旧金森洋物店(現市立郷土資料館)

24歳の時に長崎から函館にやってきた熊四郎は、旧金森洋物店(現市立郷土資料館)・旧金森船具店で輸入雑貨や船具の販売等、数々の事業を営むかたわら函館四天王の一人として創設期の函館に数々の業績を残しました。
特に社会、文化事業に果たした役割は大きく、学校や病院の建設、公園や水道施設の整備等、多くの公共事業に私財を投じました。

渡邊 熊四郎の歩み

天保11(1840)年大分県豊後竹田に生まれる。
明治2(1869)年洋物店を開業、屋号を森屋、商標を商標とする。
明治7(1874)年平塚時蔵、今井市右衛門と共に魁文舎を開設。
明治8(1875)年上水道の必要性を奨説。のちに公共事業は、学校、病院、公園等へ尽力する。
明治11(1878)年金森時計店、金森船具店を開業。北溟社を創し北海道で最初の新聞、函館新聞を創刊。
明治12(1879)年第百十三国立銀行を創立。
明治14(1881)年函館どっくの元となった、函館器械製造所を創設。
明治15(1882)年公益の功により北海道初の藍綬褒賞を受賞する。
明治20(1887)年函館で最初の営業倉庫を開業。
明治29(1896)年大森浜へ防風林として松苗3万本を植栽する。
家督を譲り、隠居後、自ら名を孝平と改める。
明治31(1898)年金沢正次を後援し、函館麦酒醸造所設立。谷地頭に「函館ビヤホール」を開店。
明治38(1905)年私費を投じて再建した函館病院が完成する。
明治39(1906)年金森商船の元となった金森合名会社設立、倉庫、回漕、船具店と、棒二森屋の元となった
渡邉合名会社設立、洋物店、魁文舎、洋服店、時計店、三星店等を分興。
明治40(1907)年初代逝去

金森赤レンガ倉庫の歴史TOP

歴史メニュー
  • 金森赤レンガ倉庫の生い立ち
  • 金森赤レンガ倉庫の四季
  • 金森赤レンガ倉庫スタッフブログ
  • 金森ブリックラボブログ
  • ショッピングも、グルメも!金森赤レンガ倉庫お散歩map
  • みんなでつくるフォトギャラリー「金森Photo Box」
  • 金森赤レンガ倉庫チャンネル-YouTube-動画で見る。
  • 金森赤レンガ倉庫Facebook
  • 金森赤レンガ倉庫twitter
  • Wi-Fiを無料でご利用いただけます
  • お得に楽しめる!クーポン掲載店

ショッピングも、グルメも!金森赤レンガ倉庫お散歩map

メンバーズカード
メンバーズカード
1,000円毎に1つスタンプを捺印し、15個の捺印で500円分のお買い物カードに!
Mobile Site
金森赤レンガ倉庫モバイルサイト
QRコードから金森赤レンガ倉庫の携帯サイトへアクセスできます。最新情報やクーポンをいつでもチェックできます!

Copyright © 2010 KANEMORI RED BRICK WAREHOUSE. All Rights Reserved.